アスペ 遺伝

スポンサードリンク

アスペの遺伝説

アスペの遺伝説については、いろんな説あるそうですが、現在では遺伝的な要因を含むと考えられているようです。

 

近ごろ有力だと見られているのが、生まれつき欠陥が脳にある状態のもとで生まれてくることで症状を発症するという考えです。

 

すなわち親がアスペであれば自分の子どももアスペになる事が考えられるということです。

 

医学的な学者の中にもアスペは遺伝すると考えて論文などを公表している方もたくさんいらっしゃるということなんです。

 

ただし、遺伝するといったことが決定づけられると、差別にもつながりかねないので、その判断は慎重にする必要があります。

 

発達障害の内、ADHDやアスペの場合は、遺伝以外に、しつけ、教育の方法によってなってしまうとも考えられているため、決めつけることはできないのが現状です。

 

ノイローゼになりやすい母親に育てられて、自身もノイローゼになったなどというケースでは、母親の奇行が要因なのか、遺伝が要因なのかといった議論ですね。

 

とはいえ、決定的に遺伝なのか後天的なものの影響が強いのかという点につきましては、まだまだ議論がなされ続けているみたいな状況です。

 

原因はともかくとして心理療法などの方法が確立されて発達障害やアスペの方がスムーズに生きられる社会になることを願います。

スポンサードリンク